HOME  ご購入お問い合わせ  ガンなき世界アミグダリン  特定商取引に関する法律  掲示板 


 

ガン無き世界  (アメリカのクレブス博士の論文タイトルから)






















 
     2.日本にもあったアミグダリン(ビタミンB17)
    

  水セリ、タケノコ等の苦味の強い野菜、稗、粟、高粱、
 玄米等、今ではあまり食べなくなったいわゆる「昔の主
 食」にこそ、ビタミンB17は含まれているのです。
 又、日本では昔から漢方薬の桃仁として使用されていた
 のは、バラ科の植物でした。
 なぜなら、仁の中にはビタミンB17が入っているからで
 す。食用ではないのですが、同じバラ科の植物に「ビワ」
 があり、ビワの葉には20ppm、ビワの種には2.93g/100g
 含まれており、ビワの種は葉の約100倍もの量のビタミ
 ンB17が含まれています。

 このビワの葉については色々な研究、治療例、商品が
 出ており、種も色々なところで使用されておりますが、さ
 らに沢山のB17を含んでいるのが「梅の種の仁」です。

 昔から、梅の仁は「天仁」(神)と言われ、固い種を割って
 食べられてきました。
 
 又、種ごと飲み込んでおられる方(梅の種健康法)も
 あり、あの固い種が不思議な事に胃で全て溶けてしま
 うのです!



次章・3.アミグダリン活用の歴史へ

 
 
   


HOME

copyright umenojin.com All right risarved